赤ちゃんの乾燥を予防しよう|保湿剤で肌の潤いを保つ

乳児の肌トラブルに注意

案内

清潔に保つ&低刺激を意識

赤ちゃんの肌は誰もが憧れるような柔らかく決め細かい肌質をしていますが、とてもデリケートなので肌トラブルが起こりやすいといわれています。肌トラブルを起こす要因として乾燥がありますが、大人同様に赤ちゃんも乾燥します。綺麗な肌を見ていると乾燥や肌トラブルとは無縁と思うかもしれませんが、誰もが一度は赤ちゃんの時に何かしらの肌トラブルを経験するそうです。肌にトラブルが起きた時は、とにかく清潔にするようにといわれています。しかし、刺激を与えると炎症したり、洗いすぎると必要な皮脂までもが流れてしまうので逆効果になります。赤ちゃんに限らずですが、シャンプー・ボディソープ・保湿ケア用品・衣類素材などは低刺激なものを使用し、洗う時や触れる時は優しくすると良いと思います。

一度は病院で診てもらう

乾燥から肌トラブルになってしまった時には、炎症・湿疹・赤みなどが生じている場合が多いです。乾燥の段階では保湿などのケアを行うことで改善できますが、湿疹や赤みは肌トラブルが悪化している状態であり、炎症は湿疹や赤みに細菌感染が加わります。適切なケアを行うことで数か月の間に自然治癒することもありますが、皮膚科で塗り薬を処方してもらう方が良いと思います。肌のトラブルには体質的なものから外部刺激などいろんな原因があるので、原因を特定しないと適切なケア方法は分かりません。原因特定は専門の医師だけができるものなので、適切なケア方法を知るためにも赤ちゃんに肌トラブルが起きた時には、一度は小児科や皮膚科で診てもらうことをオススメします。