赤ちゃんの乾燥を予防しよう|保湿剤で肌の潤いを保つ

クリームで肌を保護する

赤ちゃんグッズ

赤ちゃんの肌は薄いので、保護をする必要があります。大人と一緒のお風呂に入ると、お湯で肌が乾燥するので、入浴後すぐにクリームをつけるようにします。自治体によっては、乳児の医療費は無料になります。そのため、薬局でクリームを買うよりも、皮膚科を受診した方が得な場合もあります。

More Detail

乳児の肌トラブルに注意

案内

赤ちゃんの肌は理想的なものといわれていますが、大人よりも皮脂や水分量が少ない上に皮膚が薄いので、とてもデリケートなのです。肌トラブルの要因になる乾燥から湿疹などの赤みやかぶれを起こしやすいので、適切なケア方法を必要とします。また、肌トラブルが生じた際は一度は病院へ行き、原因を知ると良いと思います。

More Detail

肌のトラブル

女性

赤ちゃんの肌は大人よりも薄く、肌のバリア機能も低いため肌トラブルになりやすいとされています。とくに乾燥肌になりやすく保湿ケアで改善することができます。赤ちゃん用の石鹸での洗顔とスキンケアをしっかり行なうことが大切です。

More Detail

ベビー用保湿剤

赤子

入浴時や後のケアが必要

赤ちゃんは大人の肌よりも皮脂量が少ないため、すぐに肌が乾燥してしまいます。赤ちゃんの肌の乾燥は乳児湿疹を引き起こす危険もあるため、対策を工夫することが大切です。ちょっとのことを気を付けてあげるだけで簡単に防ぐことができます。まず、お風呂の時はやわらかい泡や洗剤を使用して洗ってあげます。赤ちゃんの皮膚が薄いため傷つきやすいので、爪を切って泡立てた泡で洗うことが大切です。すすぎもしっかりと行い、バスタオルもやわらかいもので拭いてあげます。オーガニックコットンのタオルなどで拭いたら、乾燥を防ぐためにボディーローションなどで保湿ケアしてあげます。冬など乾燥が高い場合は、ボディークリームなどを縫ってあげるのも良い工夫です。

肌に優しく添加物などない

赤ちゃんの乾燥を防ぐためのボディーローションやボディークリームなどといったものは、大人のものと比べて肌に優しいという特徴があります。香料や着色料などの添加物が含まれていないものがほとんどで、大人でも肌の弱い人が使うことができます。また保湿を重視するあまり、べたべたになってしまうと不快で泣いてしまう子もいます。ですから、しっかり保湿してくれてさらっとした使い心地のものが人気のようです。また、ローションだけでなくベビーオイルやボディークリームなどを併用して使うのも良いです。ワセリンなども添加物が入っていない物もあるため、一つは持っておきたいアイテムとなっています。赤ちゃんの肌に合うものを見つけやすいようにお試しサイズのものも多いので、それらで試してみることができます。